スペシャリティコーヒー

コーヒーは世界中様々な場所で収穫できる不思議な飲み物です。

コーヒー生産地は南アメリカ地域、アフリカアラビア地域、インドネシア地域の大きく分けて3つあります。生産地が違うと同じ1粒のコーヒー豆とはいえ、かなり大きな違いがあります。南アメリカ地域で有名な生産国はブラジル、コロンビア、グアテマラなどで、世界のコーヒー生産国の上位を占めます。

コーヒーは主に水洗式と呼ばれる手法で加工され、酸味とコクのバランスがとれた味わいのものが多いです。一年を通じて温暖な気候の地域のため、安定してコーヒーが収穫されるので、ブレンドコーヒーには南アメリカ地域のコーヒー豆がブレンドされることが多く、人々が一番なじみがある味わいのコーヒー豆が多いです。

アフリカアラビア地域は、イエメンやケニアなどの国々です。キリッとした酸味が特徴のコーヒーが多く、夏場のアイスコーヒーなどにもアフリカ地域の豆が使用されることが多いです。乾燥式といわれる手法で加工されることが多く、コーヒーの実のフルーティな香りがダイレクトにコーヒー豆に影響することがあり、好みが分かれやすいとも言われています。

インドネシア地域はスマトラ島やスラウェシ島などで栽培されています。水洗式と乾燥式の利点を生かした、半水洗式という手法で加工されるコーヒー豆がほとんどです。ほとんど酸味がなく、どしっとコクが深めのコーヒー豆が特徴です。

気候や標高当の環境要因だけでなく、地域によって違う昔からの加工法や栽培法によって大きく味わいが違います。コーヒーを選ぶ際にはそういった点も考慮してみると、新しい発見があるかもしれませんね。いろんなコーヒーを楽しむことが出来る日本に生まれてよかったです。

コーヒー器具

皆さんはどのようなコーヒー器具を使ってコーヒーを入れていますか?

日本では一般的なドリップ式も使い捨てのペーパーフィルターを購入しなければいけませんよね。

使い捨てではないメッシュフィルターも目が細かく洗剤で洗うのは気分的に「布に残り洗剤がしみてたら嫌だな」など、まず大丈夫であろうことも気になってしまったり。ドリップがプラスチックやシリコンのものは熱湯を注ぐコーヒーを淹れるにはちょっと敬遠してしまったり。コーヒー好きにはこだわりたいポイントが沢山ありますよね。

サイフォンは落としたら割れそうなガラス等のお手入れや管理が大変そう。プレス式は直にプレス部分の金属をおいしコーヒーに浸しておく事に抵抗がある人も。おこられてしまいそうですが、繊細な香りを楽しみたいタイプにはもしかしたら向かないのかもしれません。そして残るのは直火式のエスプレッソメーカーですよね。

私が直火式のエスプレッソメーカーと出会ったのはヨーロッパ旅行中です。ドイツから来た留学生とイタリア人留学生2人ともが、日本では見慣れないが世界ではおなじみの、あの「八角形のステンレスエスプレッソ直火式メーカー」を持っていたのが始まりです。

スーツケース1つで留学するのに鍋もフライパンも、そしてエスプレッソ直火式メーカーも持参してきていた同年代のヨーロッパ人は、私よりずっとずっと大人でした。

手挽き式のミルを使い、現地購入した豆を挽き、熱々のエスプレッソをふるまってくれた同年代の友人たちは、消費社会で育った私よりもずっと経済的で、実用的で、そしてエコな生活スタイルを持っていました。旅先でもどこでも、豆だけならまず買えるのですよね。

現在私が使用しているのはビアレッティのステンレス製・直火式エスプレッソメーカーです。飲みたい量にあわせてヴィーナス2カップと4カップ用の2種類を使い分けています。

一人で飲むにはヴィーナス2カップで十分でしょう。温めた牛乳かお湯で少し割って楽しむこともあります。カプチーノにしたいときは泡だて器で熱い牛乳をカシャカシャっと立ててます。

フィルターをつかわず、電気を必要とせず。手挽きのミルと直火式エスプレッソはいいですよ。熱いまなざしと水を注ぎながら、エコでおいしいコーヒーで一日が始まります。

アイスコーヒー

こんにちは!今日は美味しいアイスコーヒーをご家庭で作るときのコツを教えちゃいます。冬なのにアイスコーヒー?と感じる方もいるかと思いますが、暖かい部屋で飲むアイスコーヒーほど美味しい物はないですよね。

ます、ドリップでコーヒーの粉からアイスコーヒーを作るには、ホットコーヒーを入れるよりも粉を多めに使用して、注ぐお湯は少なめにします。

目安として、コーヒーの粉は、ひとり二杯分程度にします。ドリップする際のお湯は、必ず沸騰したものを使います。お湯はコーヒーカップ半分程度がひとり分です。コツは、熱いお湯を使い、香りが出るようにゆっくり注ぎ、しっかりドリップさせていくことです。

グラスに大きめのキューブの氷をたくさん入れます。氷は、グラスの上まで入れます。この時、熱いコーヒーをそのまま注ぐので、できれば耐熱のグラスを使う事をお勧めします。もし、耐熱グラスがなければ、一度コーヒーポットなどを使用すると良いです。急に熱いものを氷の入った冷たいグラスに入れるとグラスが割れやすいので、充分、注意してください。

熱いコーヒーを一気に冷やすと、透明なアイスコーヒーができます。氷をたくさん使い、一気に冷やせるようにしてください。ぬるいコーヒーでは、透明で綺麗なアイスコーヒーが出来上がりにくいです。たくさん氷を入れて、熱いコーヒーを注ぐので、水っぽく薄くなりやすいです。ですので、コーヒーをドリップするときは、濃くいれると良いですよ。

冷蔵庫で保存する場合にも、氷を入れて冷やしてから、冷蔵庫へ入れる方が透明なものになりやすいです。氷を入れて、コーヒーが薄まる事を前もって考慮し、しっかり濃い色のものを作ってください。香りもたち、シロップやミルクをいれても美味しいですね。

ドトールコーヒー

昨日はふるさと納税で注文しておいたカニが届きました。家族みんなでカニしゃぶをしながらの楽しい夕食なりましたよ。

私は大手コーヒーショップの中ではドトールコーヒーが一番好きです。

ドトールの何が一番良いか、それは「入りやすいところ」です。人によってはおしゃれなところやコーヒーの質や食べ物の美味しさに重点を置かれるかもしれません。私の場合は「入りやすさ」を一番重視します。入りやすいので色々考えずに自然に何回も利用している、つまり結果的に一番利用しているということだと思います。


私が思う「入りやすさ」の理由は何かというと、それは1つ目の理由は「価格」です。ドトールではブレンドコーヒーが一杯220円で飲むことができます。220円なら、他に何か食べ物でも買おうかなぁという気持ちになって、ジャーマンドックも頼んだり‥。

またドリンクメニューは種類が豊富で価格もそこまで変わらないのでロイヤルミルクティーだったり、ココアだったりその日の気分で変えています。2つ目は「客層がいろいろ」という点です。おしゃれなコーヒーショップだと「自分のようなものが入っていいのか?」と少し構えてしまいます。

または客層が偏っていたりすると、ちょっと気にしてしまいます。ドトールについては(これはあくまで私の主観になってしまいますが)会社員から若い人、年配の人様々な人が利用しているように思います。いろんな人が入っているので、自分も気兼ねなく入れる。入りやすい雰囲気になっているのではないかなと思います。


何を重視するかは人によって違うと思うので、一概に絶対に良い!わけではないですが、私はドトールコーヒーをおすすめしますね。

スペインとコーヒー

ヨーロッパのラテンの国のスペイン人はコーヒーに関しては口うるさいこだわり派です。

そのため、スペインのバルにいくと、どこでも比較的安くて美味しいコーヒーを飲むことができます。コーヒー大国スペインでのうれしいことは種類がたくさんあることです。

まずはコーヒーの定番、エスプレッソは、ソロといいます。カフェ・コン・レチェはコーヒーたっぷりミルクを入れたカフェオレです。次にコルタード。コーヒーにほんの少しのミルクを足しただけの濃いめのコーヒーです。

エスプレッソのようなとても小さいかわいらしいコーヒーカップででてきます。ラルゴ(英語訳では、ロング)は、コルタードとは逆に大きめのカップででてくるのですが、薄めの味のコーヒーです。いわゆるアメリカンですね。マンチャードは、たっぷりのミルクにほんの少しのコーヒーを足したもの。マンチャードを直訳すると、『染みのついた』という意味になります。ミルクに加えられたコーヒーが点々と染みのようにみえるからです。スペイン人のコーヒーへの愛は、種類へのこだわりだけではありません。入れるミルクは熱々のミルク(カリエンテ)か、ぬるい程度に温められたミルク(テンプラーナ)か選ぶことができます。

そしていれる容器もグラス(バソ)か、取っ手のついたカップ(タサ)かも指定できます。さらにこだわれるのが、カフェインの入ったコーヒーかカフェインなしのコーヒーかも指定できます。如何でしたでしょうか。

是非皆さんもスペインに行く機会があれば、あなたのこだわりのコーヒーをバルで注文してみてください。

コーヒーの特徴

美味しいコーヒーが大好き多香子です。

昔からコーヒーを勉強の間に飲んでいたらだんだんとはまってしまいました。美味しい珈琲は人を幸せにする力があると信じています

ご存知の方も多いと思いますが、コーヒーにはたくさんの種類があります。ブレンドの他にも、例えばモカやキリマンジャロといった豆の名前であれば、コーヒー売り場でもよく見かけるメジャーな種類といえるでしょう。

ブレンドコーヒーにも広く使われるのがブラジル豆と、コロンビア豆。特にブラジルはナッツや芋・栗に似たコクと奥行きのある味わいです。コロンビアは酸味とコクのバランスが絶妙で甘い香りとまろやかなコクが特徴的。どちらも苦みと甘みのバランスが良いことも、コーヒー豆の代表格として親しまれる要因の一つでしょう。

他によく聞くのがモカ。まるでオレンジのような柑橘系の風味とジャスミンのような爽やかな香りで、酸味も柔らかくこちらも日本での人気は高めです。ちょっと凝ったイメージになるのが、キリマンジャロ。レモンやライムに似たクリアな酸味があり、風味も軽く飲みやすい一杯。これが好き、と言うと、「お、ちょっと通?」な感じがしてしまうから不思議。

マンデリンは同じくフルーティですが、メロンやマンゴーのような風味とコクがしっかりとしており、個性的な味が楽しめます。お馴染みの飲みなれたブレンドコーヒーもいいですが、豆の種類と特徴を知ることでまだ味わったことのないコーヒーの味に出会えるかもしれませんね。